人を知る People

インテリアコーディネーターチーム
チームリーダー
長安 梨紗
Risa Nagayasu

元高校野球部マネージャーが現場を学び
インテリアコーディネーターになったら

子供の頃から学生時代はどのように過ごされましたか?

4歳から大学までピアノを習っていました。中学校はバトミントン、珠算部、高校は野球部マネージャーをやっていました。岡山東商という昔は甲子園に行ったような強豪校でした。大学ではジャズサークルに入って楽しくやってました。

建築・住宅業界に興味をもったきっかけは?

大学で住居学と生活心理学科を学んだことです。それと木が好きだし木造の建物にいると居心地がいいと感じる事ですね。

大河内工務店に入社したきっかけや動機を教えて下さい。

オフィスが工務店の事務所っぽくないのが第一印象です。またイベントをたくさんしているのも楽しそうでいいなと思いました。高校の頃もよくイベントやっていたので興味を持ちました。

入社してから現在までどんなお仕事を担当されていますか?

現場管理からインテリアコーディネーターです。現在はチームリーダーを担っています。

インテリアコーディネーターの仕事を効果的に進めるポイントは何ですか?

お客様の好みは何か探っていくことです。色や仕様やりたい事すべてに対してです。この時、私の個人的な好みは横に置いて一旦無にすることを心がけています。お客様が選んだのはなぜか、その裏側にどんな価値観や考え方があるのか、を考えるようにしています。すると先日お引き渡しの時にお客様から「これはあなたの作品でもあるのよ」と言われました。
「そうか。もっといいのものにするには何が私にできるか?」考え続けていけないと感じました。先日も間接照明のあて方で「どうやったらもっと自然な感じになるか?」という事で職人さんと話し合いを重ねてできたことがあります。お施主さんは気づかない小さなことなんですが暮らし始めるとその心地よさを感じて頂けるかなと思ってやっています。

大河内工務店の良さは何だと思いますか?

現場でわからないことを職人さんに聞ける環境があることだと思います。私たちとお施主さんが一緒になって考えたアイデアや工夫も実際に実現するかどうか現場の施工にかかっています。大河内工務店は職人さんとの関係が深いからいつでも聞けるし相談できます。新人の頃から随分と叱られながらもたくさん教えてもらいましたから。

これからどんなことをやりたいですか?

いろんなことに興味を持つことをやりたいです。新しいデザインやアイデアもそうですが、人にも注目して「今この人は何をしたいんだろう?」という事を考えられるようになりたいです。

オフタイムの過ごし方を教えて下さい。

夕方まで寝ること。電子ピアノ、映画、知らない道を適当に走ってドライブすることです。

採用イベント
募集要項