株式会社大河内工務店 採用サイト

インテリアコーディネーター 石川 瞳 2011年入社

大河内工務店を選んだ理由

本社の外観をみて「工務店らしくなくておしゃれだな」と感じました。
「一人決まっているから期待しないでね。」と言われましたが、なぜか、入社できました(笑)学校で建築は学んでいましたが、実際に住んでいる家を見学するのは初めてでダイナミックだと感じましたね。

入社当初いきなり現場に入られたとの事ですが戸惑いはなかったですか?

何も知識がないところからのスタートなので戸惑いはありました。
でも教えてもらった大工さんが優しい人で丁寧に教えてくれたり、体調が悪い時は会社が気遣ってくれたりしたのである程度自分のペースでやることができてなんとか持ちこたえた感じです。

仕事を覚えていくためにどんな工夫をやってこられましか?

たまたまブログで建築日記という記事の更新を担当することになったんです。
建物の建築中の様子を写真に撮りレポートにします。
その中でやっぱり分からない用語とか工事内容がたくさん出てくるのですが、間違った事を書く訳にいかないから全部、先輩や職人さんにいちいち聞きました。
これは知識を付けていくのにとても役立ちましたね。

それでも実際の経験が足りないと不安も多かったのではないでしょうか?

確かにそうですね。お施主様と打合せをしていても最初の頃は、「大丈夫か!?」みたいな空気を感じることもありました。
だから私の場合、職人さんにうまく協力頂いたというか巻き込んでいきました。
例えば、造作建具を決める時もなるべく現場にお施主様に足を運んでいただき職人さんと一緒に打合せするんです。
そうすると職人さんは「こんな方法もあるよ。」と具体的に提示してくれるので決めやすいし、お施主様も安心してくれます。

インテリアコーディネーターとして一番苦労するのはどんなことですか?

「いかにお客様のイメージに実際のものを近づけるか」ですね。
例えば、「パイン材の白っぽい床にしてナチュラルな雰囲気で・・・・」というように最初は曖昧なイメージで話される事が多いです。
それをどこまで「そうそう、私が言いたかったのはそういうこと」というようにどんどん具体的にしていかなければなりません。
そのためには引き出しを多く持つ事と想像を何度も膨らます事が必要です。
だから日頃から雑誌やドラマをみても「あの建具はどのメーカーだろうか?」と考えて実際に調べたりすることが多いです。
そしてお客様と打合せしている時も求めているキーワードからイメージして「例えば、こんなテイストのイメージですか?」という事をその場で投げかけられるようにしています。
それを何度も繰り返すと段々精度があがってくるのだと思います。

インテリアコーディネーターとしてよい仕事をするために必要な要素はどんなことがありますか?

「人の話を興味を持って気長に聞けること」だと思います。
人にはそれぞれいろんな価値観があるのでどんな暮らしをしたいのか、じっくりと聞き、理解することが大切だと思います。
一生に一度の家なので悩まれて決めるのに時間がかかる方もいらっしゃいます。
それをこちらの都合で「こっちにしたら」とは言ってはいけないですね。

大河内工務店を一言で言うとどんな会社だと思いますか?

自分でこうしたいということを言って主として動くようになる。
「こんなのやってみたい」というのを持つ人はあうのではないか。

休日の過ごし方

海外旅行(トルコ)この前はフィンランドに行った。

“日本一、気持ち良い工務店”を目指します!